離婚そして転職

結婚するときに転職しようとする看護師もたくさんいます。パートナーとの関係が悪くなって離婚となるよりは、転職を検討すべきでしょう。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職するのが楽ですね。ストレスが多くあると子どもがなかなかできなくなってしまうので、気をつけましょう。

とはいえ、離婚って独り身になれる憧れのようなものと一人で果たして大丈夫なのかという不安が入り乱れますよね。ポジティブな考えの持ち主なら乗り切れるのかもしれないですけど、そうじゃない場合は鬱になっちゃうリスクだってあるわけで。そういう人が多く集まるNPO法人とかの育児関連のお仕事はまあまあ気楽でいいですよ。看護師はお金になるけど、ストレスが耐えられるかどうかっていうのは問題になると思う。

実際、看護師専用の転職サイトには、祝い金をくれるところがあります。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。そうは言っても、お祝い金をもらうためには条件を満たしていなければならないことが多いので、チェックを事前にきちんとしておくようにする方が損しませんね。それから、お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。

ナースが仕事を変える時のステップとしては、第一に待遇で何を重視したいのかをリストアップするのがよいでしょう。夜の勤務は難しい、オフはたくさんあるのがいい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、要求にも個性があって当然です。

今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、不満がたまるような勤め先で限界を待つ意味はありません。

看護専門職が職場を移る根拠としては、キャリア開発としておくのが賢明です。以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、不本意な評価をされかねません。たとえ本音がそうだとしても律儀に知らせなくても問題はないため、ポジティブな印象を与える応募動機を答えられるようにしておいてください。

まじめなひとはそういう自分の気持を押し殺して生活するんですけど、それが意外に精神的には重大なストレスを与えているんですよ。言いたいことが言えないっていうのは危ないですよ。そしてそれが蓄積していくと鬱発症しますから。

育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、働く日の少ない仕事だったりが見つかると良いですね。育児の間のみ看護師をお休みするという人もたくさんいますが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を見つけた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です