40代以上の転職なら保育士おすすめ

転職すると決めた先が異業種である場合、ちょうどよく転職できる企業を見つけられないことがあるものです。若い内の転職希望であれば未経験者にも採用の口があるなどと小耳にはさむこともありますが、四十路に差し掛かっているような人々はより低い成功率でしょう。 “40代以上の転職なら保育士おすすめ” の続きを読む

コマ遊びが人気

学童保育や放課後児童のサービスで人気の遊びってありますよね。

いくつかの学童施設や放課後児童教室を回ってみたり、そこの新聞を読むと定番はやっぱりプラ版や将棋といった遊びですね。プラ版は元は大きい絵柄がトースターで熱を加えると小さく縮尺されるので、手作りとは思えないような質感に仕上がるのが魅力ですね。

大きいときは手書きで絵を描くので子どもが描いた感が出てしまいますが、小さく縮尺されると小さい手ブレやミスがつぶれるので出来栄えがするわけです。

あと、コマ遊びも結構人気みたいであちこちの学童で遊ばれています。うちはコマ遊びはそれほどやっていないんですが、出してみるとおもしろいかも。

でもコマ遊びってお正月近辺のイベントというか遊びなイメージ。夏とかにコマ遊びってなんか季節外れな感じもしますね。

コマ遊びもただ回すだけで面白いんでしょうか?コマって手に乗せたり、回すヒモの上で回したりという曲芸的な遊び方がすぐ思い浮かぶけれども、ケンカごまなんてのも面白いかもしれませんね。

コマは木ごまは重たくて危ない印象なので、やっぱりブリキのコマですかね。あれなら軽くて仮に当たってしまっても大怪我にはつながらなさそう。

 

スポンサードリンク

PCMAXログインと公式サイトはこちら

厳しく叱るのが得策か?

学童で働いているひとって色んなひとがいるわけです。

子どものいたずらや悪さにオープンマインドの人

子どもの悪さをぜったいに許さない人

子どもが悪いことしたらものすごい剣幕で怒る人もいれば、やさしくたしなめるように言う人もいます。

私はどちらかというと、厳しいほうで、行儀悪かったりマナーが守れていないと感じたときはそれを叱るほうです。

ただ、このやりかた、あんまり細かいことをいちいち指摘しているとどんどんその子について良くない点が目についてきて、四六時中注意していなくちゃならないなんて状態もあることに最近気づきました。

言われている子どものほうからすれば、「そんなこといちいち起こらないでよ」って感じなんでしょうね。最初のうちはしたがっていても、だんだん向こうも嫌気が指してきて反抗的になってくると思うんです。

こうなると、そのことの信頼関係が崩れてきていることになるので、いくら注意しても届かないってことになると思います。

で、こっちは大人、向こうは子ども。力関係で言えばこちらが強いわけなので、力づくで言うことを聞かせられるわけです。

すると、気づくとこっちは威圧的にその子に接していることがしばしば。はたしてこれがその子のためになっているのかと?疑問に思うときがあります。

スポンサードリンク
ハッピーメール私の口コミ